読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋のひとかけ

久しぶりに秋らしい爽やかな快晴。

風は涼しいものの、まだまだ日差しは暑いので、避暑と運動不足を解消するために奈良南部の大峰山麓の町、洞川に行ってきた。

役行者所縁の地で、今も初夏から秋にかけては修行の山伏で賑わう。


f:id:march1st:20160910220652j:image


f:id:march1st:20160910220707j:image

真言宗醍醐派本山竜泉寺。修験の寺で、時折法螺貝の音が聞こえてくる。
f:id:march1st:20160910220718j:image

 

町を囲む山々の中腹を歩く遊歩道が通っていて、一周約4キロのちょっとしたハイキングが出来る。
山際にはいくつか鍾乳洞があって、中に入ることができる。
f:id:march1st:20160910215208j:image
洞窟の中は常に7℃くらい保たれているそうで、外の暑さが嘘のようにひんやりしている。吐く息も白い。

内部はライトアップされ、人の姿や風景に見立てた銘がつけられている。
f:id:march1st:20160910215847j:image
f:id:march1st:20160910215745j:image

町の中心には渓流が通り、周囲にはキャンプや水遊びのグループが。悲鳴が上がるほど冷たい水に歩き疲れた足を浸したら、驚くほどスッキリ軽くなった。
f:id:march1st:20160910220050j:image

標高約900mのこの土地では、一足早く秋がきている。
f:id:march1st:20160910220626j:image

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村