読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

盛夏の色彩

暮らし

庭の唐辛子がよく生るので、収穫して乾燥させている。昨晩大雨が降ったというのに、今日は朝から打って変わった快晴、いや猛暑。何かを干すにはこの上ない。
唐辛子は、そもそも栽培が簡単なのか、あるいはうちの環境が合っていたのか、何もてをかけていないというのに豊作で驚いている。今日の収穫もシーズン二度目で、前回はもっと沢山採れた。この先一年間で使うには充分な量だ。
f:id:march1st:20160820153739j:image

夏の庭の緑に映える、この鮮やかな強い赤色が好きだ。

 

一昨年の冬休みに訪れたブータンは、料理に唐辛子を多用する国だった。辛いものを食べるイメージを持っていなかったので驚いたが、現地では唐辛子の種類も多く料理ごとに使い分け、そして特に夏に出回る生の唐辛子を楽しみにしているんだと聞いた。

ヒマラヤの小国で標高も高く寒い国かと思ってたけれど、実際は緯度が低い(日本の奄美大島くらい)ので暑い国らしい。真冬でも雪が積もることは滅多にないそうだ。辛い食べ物で暑気払いしつつ、お米をたくさん食べる食文化なのだとか。

日本でも生の唐辛子にお目にかかる機会は滅多になかったけれど、この夏せっかくだからと使ってみたら、風味や香りとかよりとにかくものすごく辛かった。つまりブータンの人たちは、夏に味わえる更なる辛さを待ちわびていたようだ。

f:id:march1st:20160820161911j:plain

自らの地を「ドゥルク・ユル(龍の国)」と呼び、仏と王家を尊崇する民。

民族衣装に身を包んだ伝統的な姿のまま、先端のガジェットを手に英語と母語のゾンカ語を自在に操る不思議な国だった。

f:id:march1st:20160820161936j:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

冬の記憶

夏期休暇が終わるころには、冬期休暇の旅の計画を立てないといけない。

ここ数年、年末年始は海外に行っている。去年はチベットに行った。標高3,000mの澄み切った青空の下で、冬のラサは巡礼者の街だった。

f:id:march1st:20160820003248j:plain

仏舎利の納められた寺院の周囲を、五体投地で祈りながら巡礼する。

f:id:march1st:20160820003301j:plain

老いも若きも、自分の、あるいは誰かの願いを背負って祈る。

f:id:march1st:20160820003319j:plain

 チベット人遊牧民

f:id:march1st:20160820002250j:plain

かつてダライラマが居住した、ポタラ宮

そこに座すべき尊い人を奪われたまま、それでも人々は遠い山の向こうからはるばる五体投地で巡礼に訪れ、空となった聖座に祈りをささげる。

f:id:march1st:20160820002437j:plain

f:id:march1st:20160819233521j:plain

チベットの瞳と呼ばれる、ヤムドク湖。

湖面はさざ波が立っていても、とても静か。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

花を活ける

暮らし


f:id:march1st:20160819220822j:image

この夏は、週末に近所の市場で花を買うことを覚えた。

花屋で売っているきれいに整えられた花ではなくて、農家の庭先で、あるいは畑の傍らで無造作に咲いた花。野菜のついでみたいにして売られている、粗雑な生命力で育った花。

部屋の中に、外の季節がそのまま持ち込まれたみたいだ。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村